いよいよ着工です。 堺市深井北町F様邸【遣り方】

先日は堺市中区深井北町でF様邸の着工の立ち会いでした(^^)

まずは土を掘る前に奥様と監督で土地の四方の清め祓いを行いました。


神社で頂いてきたお砂などを敷地の四隅にまいて土地の神様に工事の無事を
お祈りすることを四方清め祓いといいます。



家の工事は、まず『遣り方』という 現地に建物の外周の位置を出すための仮設物を
作ることからはじまります。

『遣り方』は建物の仕上がりよりも外側に打った木杭に貫(ぬき)という水平の板を打ち付けて囲いをつくる仮設物です。
この貫板に建物の配置(外周壁・基礎の中心線)をマークして、そこに水糸を張ります。



遣り方は実際の敷地に建物を計画通りに配置するというとても大切な作業です。
貫板の上にピンク色の糸が張られているのがわかりますか?
これが建物の外周の壁芯になりますので
もしズレていたら建物がズレて立ち上がります!
それは大変ですよね!




基礎屋さんに貫の印を微調整してもらってます
きっちりとした配置になるように必要に応じて調整します。








遣り方が完成したら設計や現場監督を交えて確認していきます。


敷地境界線の寸法、敷地境界から建物までの距離、建物寸法、建物角度など
設計図面通りか?施工する上で不具合はないか?
綿密にチェックしていきます。






みんなで集まって施工方法など細かいところを
打ち合わせです。
(ポーチとガレージ部分の鉄筋の組み方の
詳細を確認中の風景)







出番直前!出撃スタンバイ中ヽ(^o^)丿

すべての確認が終わればいよいよ重機での掘り方がはじまります。



重機の出動の様子です。
自力でトラックから上手いこと降りるんですよ!
つい連続で写真撮ってしまいました(笑)




・・・凄いでしょ??

重機で土を整地するところから掘り方開始です!!





細かいところまで何度も設計打ち合わせを繰り返して
お好みの外壁の家を街中で探しては見に行った家が
いよいよ工事がスタートしました!


F様、このたびは着工おめでとうございます(^-^)
心をこめて素敵な家を完成させてF様に喜んでいただけるように
関係スタッフ一同精いっぱい頑張ります!!

安全無事に完成の日を迎えることができますように!!



LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



カテゴリー: お客様との家づくり タグ: , , パーマリンク

JOYLOG! の購読はFacebookページが便利です。


Twitterでも購読できます。