富士ホームの会社説明会を開催しました。

昨日と今日の2日間、住まいギャラリーは
オープンスペースにずらっと机が並んで、
いつもとはちょっと違った雰囲気になっていました。

IMG_6320

と、いうのも来年卒業予定の就職活動中の学生さんに向けた
会社説明会を開催することになったので、その会場になったわけです。


今回は富士ホームグループの企画・設計の説明会だということだったので
直接は関わらなくて良かったのですが、せっかくギャラリーを会場にする
ということで、会場を案内しながら少しばかり就活生にお話しさせてもらいました(^^)



照明器具の体感コーナーを見学中~。
今ではLEDなどの省エネ計画の知識が欠かせません。
IMG_6316

普段、お客様に見ていただいている展示を見ながら
住宅設計の業務にどのような知識が必要か、ちょっと覗いて
興味をもってもらえたらと思いつつ見学してもらいました(^^)


続いてユニットバスコーナーです。
「さて問題です。お風呂の浴槽には、どれぐらいの量の水(お湯)が入るでしょう?」




外壁と玄関ドアのブースです。
玄関ドアに求められることって何だと思いますか?
「可愛いドア」・「鍵が3つぐらいあるドアがいい!」などなど
学生さんたちに答えてもらいました(^^)

あ、写真に写ってるのは僕じゃないですよ(笑)
IMG_6317_2
住宅のお仕事に携わるということは、普段何気なく生活している住まいの色々なところを
ちょっと注意深く見たり考えてみる目をもつことが大切です(^^)



ほんの少しの時間でしたが、自分が就職活動をしていた頃や
就職したころの想いを思い出すことができましたし
ちょっと良い時間を過ごすことができました(^^)


改めて「初心忘れるべからず」だな、とは思いました。
が、考えてみると苦しくも楽しかった経験を積んできた今現在のほうが
できることの幅も広がって、何のために誰のために頑張るのかも明確になって、
ますます仕事を楽しんで前向きにやってます(^^)


仕事は苦しいことがあるからこそステップアップできるし楽しいもんだ、と思えるのは
それなりに色々な経験をさせてもらえてるからで、この仕事に就く前には
きっと見えていなかったことですね(^^ゞ


これから就職して何かしらの職に就くだろう方にも
必ず苦しいときや辛いことはやってきますが、

是非そういう楽しさ=やりがいに気づいて仕事に向かってほしいものです。
また、どのような職場にでも、それを見いだせる人になってほしいと思います。


なんだか懐かしくて、語ってしまうと止まらなくなりそうなので
今日はこの辺で(笑)



どのような仕事に就くことになるか、それが天職と思えるかどうかは
人それぞれですし、企業との出会いは一期一会だと思います。

ちなみに私は、こんな経緯で今この仕事に就き、
こんなことを思って住宅の設計や営業に携わっています。
【ちょっと長いですが自己紹介です】(#^.^#)

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

関連するタグはありません


カテゴリー: 日々のできごと・つぶやき パーマリンク

JOYLOG! の購読はFacebookページが便利です。


Twitterでも購読できます。