住宅の耐震について社内講習会でお勉強。

社内で営業さん対象の講習会がありました(^^)



富士ホームではお客様に安心して快適に暮らしていただける住宅を
研究し提供していますが、住宅の販売にはとても幅広い知識や情報が必要です。



個々の営業さんが、それらをお客様にきちんと説明できる
「より良い家づくり・家探しのパートナー」
と、なるべく販売店・営業さん向けにも色々なテーマで定期的な講習会を行っています。



さて、今回の講習のテーマは「住宅の耐震性について」でした。
先日から各地で地震も起こっていますし、お客様にとっても非常に関心の高い内容だ思います。



・昭和25年に制定された建築基準法で定められている耐震基準の変遷について
・阪神淡路大震災での被害の状況と耐震基準について
・現在の耐震基準と耐震等級について
・住宅の耐震基準の考え方
・建物の重量と耐震性
・在来工法とツーバーフォー工法の耐震に対する違い
・耐震補強の必要性

などを学びました。



『営業さん向けの講習』とはいっても
僕自身もとても勉強になりました(~_~;)


もっとスキルアップして、よりお客様から信頼していただける
「家づくりのパートナー」になれるように頑張ります(^。^)y



機会があれば、今回の講習のような耐震の基礎的な知識をまとめて
お届けできればいいなと思ってます(^^)

みなさんのご意見・ご質問なども良ければお聞かせくださいね(@^^)/

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



カテゴリー: 住宅設計と営業の現場 タグ: , , , パーマリンク

JOYLOG! の購読はFacebookページが便利です。


Twitterでも購読できます。