お家のメンテナンス講習会

無事にお家が完成してお引渡しを終えた後には
お家のメンテナンスと共にお施主様やお家との末永いおつきあいがはじまります♪


そんなご入居後のメンテナンスについて営業マンが
工事部の監督さんから講習を受けているところをちょっとご紹介したいと思います~ヽ(^。^)ノ

IMG_7808
今回は室内壁の壁紙、ビニルクロスの簡単なメンテナンスを
実際にやってみる講習です!


新築、特に木造住宅ではお家の完成後も
木材の乾燥や建物の重量で全体が締まってくることで
室内の壁紙の継ぎ目などににすき間ができることがあります。

そのすき間に、「ジョイントコーク」という充填剤を詰めて
綺麗に目立たなくする補修方法です。

工事部の監督さんが説明しながらお手本を見せてくれてます。
IMG_7807


そして営業マンも順番に実践です(#^.^#)
・・・ふむふむ、そんなに難しいもんじゃないもんですね!!
IMG_7812

お次は、内装ドアや引き戸の調整の仕組みをレクチャーしてもらってます。
国産の建材メーカーの扉は、たいてい建て付けの調整ができるようになっているので
ドアが「カチャ」っと閉まらなくなった、とか引き戸を閉めてもすき間が気になる、
といった不具合はドライバー一本で調整できちゃうことが多いんです。

IMG_7815

お客様のアフターメンテナンスにも
担当営業マンがスムーズに対応できるように
このような講習も行っているんです(#^.^#)

お客様に新しいお家で少しでも気持ち良く生活していただけるように
サポートさせていただくことも大切な仕事ですからねヽ(^。^)ノ



これが、今回の講習で使った『ジョイントコーク』です~!
pic-14
壁紙の色に近い色のジョイントコークを選ばないと
目立ってしまうかもしれません・・。
その辺がちょっと難しそうではありますね。。。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



カテゴリー: 住宅設計と営業の現場 タグ: , パーマリンク

JOYLOG! の購読はFacebookページが便利です。


Twitterでも購読できます。