F様邸の中間検査でした

今日は、堺市中区で建て替え工事中のF様邸の中間検査でした。


中間検査は、申請した建築確認の設計図面の通りに建てているか?などを
建築工事の途中段階で行う検査です。


役所や確認検査機関の検査員に現場に来てもらってチェックしてもらいます。
そのほか、瑕疵担保保険の検査も同時に行います。





今回は上棟時の検査ということで柱(ツーバイフォーでは厳密には【柱】ではないですが)や
梁や壁がきちんと施工されているか、間取りや窓などは計画通りか、
釘の種類や間隔は適正か、金物は正しく取り付けされているか、などをチェックします。


窓サッシの上に荷重を支える「まぐさ」という部材が設計図面のとおりの部材になっているか?
窓のチェックポイントです。




階段はまだないのでハシゴで上がります。
3階まで吹き抜けになったハシゴを上がるので
下を見ると結構怖いです(+o+)





中間検査の合格ステッカーです。
書面の合格証と一緒にもらえます(^-^)



検査が終わって、無事合格することができたらもらえるので
工事中は現場に貼っておきます(*^^)v


中間検査が終わったら
電気の配線工事や水道・ガスの配管工事、
そして内装大工さんと外壁の仕上げ工事へと
工程は進みます(^-^)


気温も下がって寒い季節になってきましたが
現場の職人さんには、お引き渡しまで
事故や怪我のないように気を引き締めて
頑張っていただきたいです!!






LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



カテゴリー: お客様との家づくり タグ: , , パーマリンク

JOYLOG! の購読はFacebookページが便利です。


Twitterでも購読できます。