完成しました(^^) ~大阪市住吉区山之内M様邸~

大阪市住吉区山之内で建替え工事中のM様邸が完成しました(^^)



築80年ほどになるという増改築された長屋の端家を解体して
新たに新築することになったM様邸。

さまざまな問題をひとつづつ解決しながら
時間は掛かりましたが、ようやく完成することができました。


前面道路の幅は2m弱で車の乗り入れ不可。
通り抜けのできない行き止まりの路地。
敷地面積は17坪ほど。
建物間口は4m。

隣は元々長屋で繋がっていたお家。
敷地境界線はお隣外壁、という状況。


奥に長い敷地形状のため、ちょっとした吹抜けを設けたり
風通しや光を取り入れるなどプランも工夫しました。



そんなM様邸を少しばかりご紹介させていただきます。

ダイニングからキッチン方向。
ダイニングの上部は吹抜けになっています。



キッチンからダイニング方向。
ダイニングの奥は引き戸で仕切られたお母さんの部屋になります。



ダイニングの吹抜けを見上げると明かりを取り入れる窓と
2階のお部屋からの小窓が見えます。
ご高齢で脚を悪くされているお母様の様子をうかがったり
気配を感じることができるようにしました。

照明は周囲の壁面を照らすダウンライトとスポットライトで計画。
全てLED照明を採用しました。

モデルハウスなど最近は電球色の照明を採用することも多いですが
LEDの昼白色も冷たい感じではなくて綺麗な明るさです(^^)
M様と一緒にパナソニックの体感ルームに行って決めました。



お母さんのお部屋から奥のダイニング・キッチン方向。



玄関です。

白で統一した清潔感がある明るい色調に
茶色の建具と階段の踏み板はデザインだけでなく
コントラストのある階段にすることで、安全面にも
配慮しました。



トイレや玄関など、要所には手すりを設置。
このカウンターは立ちあがるときの手がかりにもなります。




お風呂です。
脚を悪くされたお母様の入浴が少しでも楽になるように
半身浴用の2段になった広めのサイズの浴槽を選びました。

各メーカーのショールームにも足を運んでようやく見つけた
「1317」という縦1.3m、横1.7mという普段あまり使わない
特殊なサイズのお風呂を採用しました。

ヒートショックを予防する効果もある浴室暖房乾燥機も設置しました(^^)

マンション用の1216よりは広く、戸建て用に多い1616よりはコンパクトなサイズ。
このサイズのお風呂では少ない半身浴スペースのついたワイド浴槽が決め手に。



2階の寝室は、床の色を変えて
ほかのスペースとは違うイメージに。

ドア横の小窓からは1階のダイニングを見下ろすことができます。




2階廊下から吹抜けを見たところです。

幅80cm、わずか1.5帖の吹抜けですが
ダイニングに効果的に明かりを取り込み、
高低差による空気の温度差を利用した重力換気で
換気もしやすく、ご家族のコミュニケーションも
深めることができる、このお家の核ともいえるポイントです(^^)




玄関アプローチ方向の外観です。
外構の仕上げがわずかに残るのみで完成を迎えます。


お問い合わせいただいてから、1年4カ月。
ようやく完成することができました。

いよいよ来週にはお引渡しです。



M様とご家族の皆様にとって住みよい家になって
喜んでいただけることを願って止みません(~_~;)



M様邸の家づくりの記事一覧はこちらから

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



カテゴリー: お客様との家づくり タグ: , , パーマリンク

JOYLOG! の購読はFacebookページが便利です。


Twitterでも購読できます。