ツーバイフォーの壁を建て起こしているところです。

先日はツーバイフォーの壁を組み立てる工程をご紹介しましたが
床上で組み立てた壁を大工さん数人で「せーのっ」って言いながら
建て起こす場面もツーバイフォーの建て方工事の見どころ(?)のひとつです。


ちょうど壁の組み立てが終わる直前ですね。

さて、今からこの壁を建て起こすところを
見ていきましょう(^^)/






壁の足元(下枠)部分を壁を起こす位置の床に釘で仮止めしたら
スタンバイOKです。




ちなみに、このタイミングで現場に居てると
よく 「壁起こすから手伝ってー!」 って大工さんから
お声が掛かります。

今日は「建て起こしの現場をしっかりとカメラに収める」という
大切な仕事があるので

「え~?!手伝ってくれへんの?!」と大工さんに言われても

申し訳ない気持ちをこらえて
心の中で応援しつつ撮影を続けることにします(笑)




私が手伝わないんだと分かるとさっそく二人で
建て起こしに取り掛かる大工さんふたり(^^;




長さ3間(約5.5m程)の壁を
二人で息を合わせて持ち上げます。

手慣れたチームワークで息もピッタリです!





さらに持ち上げて壁をググ~っと起こしていきます。



手前の開口が玄関ドア
奥の窓はリビングの出窓になる部分です。


壁を起こすたびに家の形が姿を現してくるのが楽しいです(^^)







さぁ、あともう一息!



勢い余って反対に倒さないように~
・・・ってそんなことはないですけどね!





これで建て起こし完了!

仮止めの釘を外して床と壁を決められた釘でしっかりと固定していきます。

今までなかった壁が姿を現して
みるみる家らしい形になってきました!


もしツーバイフォーで住まいづくりをされるのであれば
大工さんにお願いして、一緒にひとつの壁を起こさせてもらえれば
きっと良い思い出になるでしょうね♪

『ここの壁は俺が(私が)一緒に建て起こしたんやでー』って(^^)






さっそく次の仕事に取り掛かる大工さん。
ほんとうに御苦労様です(^^)

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket



カテゴリー: 建築工事の現場から タグ: , , パーマリンク

JOYLOG! の購読はFacebookページが便利です。


Twitterでも購読できます。