ショールームのグッピー水槽で事件です。

富士ホームの家づくりショールームには、こんな感じで
グッピーたちが泳いでいる熱帯魚水槽が置かれているんです(^^)

a041


このグッピー水槽、諸事情により昨年の秋ごろに登場してから
はやいもので半年以上になりますが
熱帯魚水槽に慣れてないスタッフが世話しているにも関わらず
グッピーたちはすくすくと育ち、増えすぎちゃうか??っていうぐらいに
大量の泳ぎ回ってくれてます(^^)

a467

もう、ワチャワチャしてて、眺めてても癒されるというより
『目が疲れる・・・』っていう感じですが、お客様やチビッ子には人気です。




グッピーを飼うにあたっては、
熱帯魚を飼育されたことのある方にとっては当たり前なのですが
「水質管理」が、とっても大切なんです。


水道水を入れてエサあげてたら育つ、ってものじゃないのです。


水の中で、目に見えないバクテリアが育って、亜硝酸やらアンモニアやらを
分解してくれないと水質は悪化するのです。


小学校の頃に習った、PH(ペーハー)でアルカリ性とか酸性とかも
熱帯魚にとったら命にかかわる大問題です。



と、いうことで熱帯魚水槽初心者だった富士ホームスタッフは
「目に見えない水が。ちゃんとグッピーが暮らしやすい水質になっているのか?!」と
心配になって、はじめの頃は「水質チェッカー」なるものを手に入れて
チェックしてました。



これが、その水質チェッカーのひとつ、「アンモニア濃度チェッカー」です。

411

水槽の水を試験管に入れて、試薬を垂らすと
アンモニアの濃度に合わせて水の色が変わる、っていうやつです。




ちなみにこれが、変化した色によるアンモニア濃度と水質の評価です。

これを見ると黄緑色(0.25)ぐらいに留めとかないと怖いですよね。

グッピーは「環境に敏感な生物」なのか分からないですが、
緑色になるぐらいだと致命傷を与えるレベル、ということみたいです。
なるほど。なるほど。

412



今までに0mg(理想的な水質です)以外になったことがなかったんで
安心して、最近はチェックすることもありませんでした・・・



ところが最近、グッピーたちが突然死することが相次いで起こっていたので

何かがおかしいぞ?? 

ということで、

久しぶりに水質チェックを行ってみたのですが
その結果、おどろくべきことになってたんです(゜レ゜)!!!






・・・変化した色がこれ(゜レ゜)!!!


413


真っ黒やないですか~~!!!!
 

【すべての生物に致命的です。】を遥かに超える真っ黒さ。

もはやアンモニア水。


見た目に分からなかったけど
グッピーたちは死の世界を彷徨っていて模様です・・・。



なぜこんなことに??
いつからこんなことに?!



分からないだらけですが、とにかく緊急事態です。





それにしてもスゴイ色になったもんだ・・・(;一_一)

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

関連するタグはありません


カテゴリー: ちょっと休憩, 日々のできごと・つぶやき パーマリンク

JOYLOG! の購読はFacebookページが便利です。


Twitterでも購読できます。